カテゴリー:凱旋門賞の記事一覧

競馬予想M

競馬予想に関するもののまとめです。競馬予想に関するいろいろなものを集めました。

カテゴリー:凱旋門賞

凱旋門賞の神スイングの宣伝

凱旋門賞の神スイングの宣伝
凱旋門賞の神スイング・・・

 タレントの稲村亜美が27日、都内で行われた「凱旋門賞 Live Paint~墨絵士×透明人間」に出席。茶の間ではバットを豪快に振り抜く“神スイング”のグラドルとしてすっかり人気者になったが、最近では競馬番組への露出も増えているといい、この日は2012年、2013年の凱旋門賞2着馬のオルフェーヴルの等身大オブジェにまたがり、バットを鞭に持ち替えて“神騎乗”を披露。同席したTIMのレッド吉田、ゴルゴ松本からその騎乗っぷりを絶賛された。

 10月2日にパリ近郊シャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞のPRのため、TIMの2人と墨絵アーティスト・西元祐貴氏と壇上に上がった稲村。ゴルゴから「生で見ると意外と大きいね」と指摘され、「173センチあるんです。だから競馬のお仕事の時はジョッキーの方の横にはいかないようにしないといけないなって」と恥ずかしそうな表情。さらに「太もも(の筋肉)もやばいですね」といわれると、「普段からランニングしているので太ももには自信があります」と自慢の肉体をアピール。

 その後、さっそくオルフェーヴルの上にまたがると、“神騎乗”ポーズに挑戦。競馬歴28年というゴルゴを「すごい!」とうならせた。稲村は「最近は競馬の仕事が多いので、何度かあのポーズは撮影でしたことはあるんですけど、高さももちろん、この中腰をキープするのがすごく難しい。ジョッキーの方を尊敬します」とコメント。「(客席に向かって)お尻は撮らないでください!」「表情も真剣ですね」と騒ぎ立てる2人を前に「勝負師の顔になっちゃいました」と笑顔を見せた。

 今年の凱旋門賞に関しては日本馬・マカヒキが出場するが、ゴルゴは断然そのマカヒキを応援しているといい、「(かつて凱旋門賞で敗れた)ディープインパクトの子供。息子が10年ぶりに行って勝つという図式がもうわたしの中に出来上がっています」と感慨深げ。今年から凱旋門賞の馬券は日本でも購入出来るようになったが、マカヒキからの馬券で流すといい、「馬やって28年。やっと日本馬が出る海外の競馬の馬券を買うことができる。馬券握りしめて携帯握って応援できる」と述べると「向こうのレースはスローで流れるので、5、6番手につけて競馬ができれば大丈夫でしょう」と持論を展開。

 レッドも「今年はロンシャンじゃなくて、シャンティイ競馬場。ロンシャンよりトリッキーじゃないから日本馬にはチャンス」と断言。稲村も「必ずマカヒキがやってくれると思います。日本から応援します」と話していた。

(取材・文;名鹿祥史)

スポンサードリンク



競馬スピリッツ
もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
当てまくる軸馬w
300x250

ここの競馬新聞激アツ・・・・wwww
中山6レース 3連単 17230円的中wwww
まずは無料会員でお試しあれ!!
victorybanner

凱旋門賞2016年|マカヒキニュースをまとめました

凱旋門賞2016年|マカヒキニュースをまとめました
凱旋門賞2016年|マカヒキニュースをまとめました
ルメール27日調教

「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、シャンティイ)

日本代表として挑むマカヒキ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が、着実に仕上げを進めている。

23日はシャンティイ調教場のリヨン坂路(ダート)で、6Fのハッキング後、単走で1F15秒程度のペースで6Fを駆ける調整。騎乗した大江助手は「ニエル賞勝利後もダメージはなく、早い段階で疲れも取れて調整を進めることができている。体に張りがあるし、きょうの動きもダイナミックだった」と満足げに話した。

27日にはルメール騎手が騎乗して、最終追い切りを行う予定。海外馬券発売第1弾としても注目される一戦へ向け、仕上げは最終段階に入っていく。

 

ブックメーカーマカヒキ3番人気

10月2日にフランス・パリ郊外のシャンティイ競馬場で行われるG1「第95回凱旋門賞」の出走予定馬がJRAから発表された。日本から参戦するマカヒキ(牡3=友道)は、英大手ブックメーカー・ウィリアムヒル社のオッズでは、単勝7・5倍で3番人気に推されている。

 

フジTV今年は生放送

カトパンことフリーの加藤綾子アナウンサー(31)が、「Mr.サンデー」と「スポーツLIFE HERO’S」の番組初の合体SP番組にコメンテーターとして初登場することが23日、分かった。

10月2日午後10時からフジテレビ系で放送される同番組は、世界最高峰の競馬レース「凱旋門賞」を記念。日本馬初の同賞制覇に期待が高まるダービー優勝馬「マカヒキ」の出走をフランス・シャンティイ競馬場から生中継する。

加藤は情報番組のキャスターとして経験豊富だが、初のコメンテーターでどんな意見を披露するのか。フジテレビで同期入社となる椿原慶子アナウンサーとの“コンビ”ぶりも見ものだ。

一方、野球が大好きな宮根誠司キャスターは番組の中でプロ野球を語り尽くす。

加藤は「宮根さんがおそらくガンガンとツッコんでくださると思うので楽しみ。日曜を代表する番組“Mr.サンデー”のあとに“HERO’S”が続いている。2つの番組でフジテレビの日曜の夜を飾っているんだと視聴者の方々に思ってもらえるようにしていきたい」と話すと、宮根も「自由に暴れまわりたいと思う」と手ぐすね引いていた。

「Mr.サンデー×HERO’S合体SP」は、深夜0時40分まで放送。スタジオにはほかに石井一久、福永祐一らが顔を見せ、シャンティイ競馬場からは小嶋陽菜、岡部幸雄らも出演して生中継が行われる。

スポンサードリンク



競馬スピリッツ
もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
当てまくる軸馬w
300x250

ここの競馬新聞激アツ・・・・wwww
中山6レース 3連単 17230円的中wwww
まずは無料会員でお試しあれ!!
victorybanner

【海外競馬】落鉄しても圧勝したマカヒキ|凱旋門賞2016年

【海外競馬】落鉄しても圧勝したマカヒキ|凱旋門賞2016年
【海外競馬】落鉄しても圧勝したマカヒキ|凱旋門賞2016年
 

【ニエル賞(仏シャンティイ競馬場芝2400メートル)】マカヒキが世界デビュー戦を見事勝利で飾った。10月2日に行われる仏GI凱旋門賞に向け11日、前哨戦のGIIニエル賞に出走したマカヒキ(牡3・友道)は日本のダービー馬らしい“熟練”の強さを見せつけ完勝。2013年のキズナに続く同レース2頭目の日本調教馬Vを飾った。日本で初めて馬券を買うことができる今年の凱旋門賞は大きな注目を集めることになりそうだが本番では多頭数、相手強化と状況が一変する。マカヒキがクリアすべき“宿題”とは――。

 凱旋門賞の前哨戦・ニエル賞はマカヒキが勝利。13年キズナに続く2頭目の日本馬Vを飾った。

 今回はいかにも相手関係に恵まれたこともあるが、クビ差ながら余裕の勝利。本番でも3歳馬は古馬に対して斤量関係が有利なこともあり、日本調教馬の凱旋門賞初制覇へ希望は膨らむ。

 しかし、悲願へ向けての課題もある。今年はおなじみのロンシャン競馬場が改修中ということでシャンティイ競馬場での代替開催。難易度の高いロンシャンのフォルスストレート(最後の直線コースの手前にある“偽り”の直線コース=未経験馬は戸惑う)を回避できるとあって「日本馬に有利」の声が多く上がっていた。実際マカヒキも細長い釣り針のような形のワンターンの右回りコースをうまくこなしていたが、本紙競馬面でおなじみのTPC・秋山響氏は手放しの楽観はしていない。

「シャンティイはロンシャンに比べ水はけの良さで知られ、凱旋門賞も極端な道悪になりにくいことは追い風。ただ、5頭立てだったニエル賞とは一転、本番は頭数が急増する(ここ3年は17→20→17頭)。こうなると心配なのはロンシャンに比べてタイトな3~4コーナーのカーブ。3コーナーにある下り勾配もやや急で、ごちゃつきやすい構造になっているのが不安材料です」

 フォルスストレートはないが、トリッキーなコーナーは負けず劣らずの難易度。油断禁物の舞台ということだ。

「勝手知ったるルメール騎手の手綱とはいえ3~4コーナーをどうスムーズにさばくかは大きなポイントとなりそうです」

 広がったり縮んだり、コース幅が一定でない形状も多頭数では不利を受ける要因になり、枠順もスムーズな競馬ができるかのカギになる。

 多頭数で一気に難しくなるコースに加え、勝ったことによるマークの強化も当然考えられる。期待のダービー馬陣営は勝利の勲章と本番への宿題を両方抱えつつ悲願達成に挑む。

 

マカヒキのニエル賞

 

 

 

スポンサードリンク



競馬スピリッツ
もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
当てまくる軸馬w
300x250

ここの競馬新聞激アツ・・・・wwww
中山6レース 3連単 17230円的中wwww
まずは無料会員でお試しあれ!!
victorybanner

エイシンヒカリ|世界1位のニュースとネット評価を集めました

エイシンヒカリ|世界1位のニュースとネット評価を集めました
エイシンヒカリ|世界1位のニュースとネット評価を集めました

 国際競馬統括機関連盟(IFHA)による「ワールドベストレースホースランキング」が発表され、フランスのイスパーン賞(G1)を10馬身差で圧勝したエイシンヒカリ(牡5=坂口)が1位となった。JRAが10日発表した。日本調教馬が単独トップに立つのは2014年のジャスタウェイ以来。

 4位にはモーリスが入り、ドゥラメンテは7位から11位に後退。ランキングは今年し1月1日から6月5日までに実施された世界の主要レースが対象。

 エイシンヒカリは15日の英G1プリンスオブウェールズS(アスコット)に出走する予定。5歳の今年がラストシーズンで、引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬入りする見込み。

 
 
 エイシンヒカリが1位=競走馬世界ランク

この記事の続きを読む