日経新春杯【2016年】|サトノノブレス58キロ。G1馬が出てきたら・・・まとめ

日経新春杯【2016年】|サトノノブレス58キロ。G1馬が出てきたら・・・まとめ

 
「日経新春杯」サトノノブレス上昇一途 

 一昨年の覇者サトノノブレスが着実に上昇曲線を描いてきた。

 一昨年夏の小倉記念を制したあとに落ち込み、連覇を狙った昨年は1番人気で11着。振り返れば1年半近くも勝ち星から遠ざかっている。ようやく復調の“光”が見えてきたのがここ2走。特に前走・金鯱賞はしぶとく脚を伸ばし、0秒2差の3着に食い込んだ。

 有馬記念で除外になった分、乗り込みは豊富で、臨戦態勢はきっちり。先週8日にCWコースで本追い切りを済ませ、14日は坂路で余力十分に動いた。

 「状態自体は安定。ここ2走はブリンカーの効果で集中して走れている。58キロは厳しいけど、力さえ出し切れば」と岩崎助手。初コンビを組む、鞍上ユタカも楽しみだ。

 “究極の3連単”はノブレスを1着に固定。3連勝中の上がり馬シュヴァルグランを2、3着に置いた10点で勝負だ。

(夕刊フジ)

 

 

ツイッターの声

この記事の続きを読む