カテゴリー:競馬重賞レース(G1)の記事一覧

競馬予想M

競馬予想に関するもののまとめです。競馬予想に関するいろいろなものを集めました。

カテゴリー:競馬重賞レース(G1)

目黒記念予想まとめ

目黒記念予想まとめ
目黒記念予想まとめ
 

 目黒記念(GII・芝2500m)に出走予定の美浦所属馬4頭をピックアップして、関係者に取材した。

■ダービーフィズ(牡5・美浦・小島太)について、小島太調教師。
「以前は輸送をしたら体が細くなっていましたし、全体的に弱かったのですが、ビシビシやってもへこたれなくなりました。馬がしっかりして、本物になってきました。東京は競馬がしやすいですし、今週の追い切りの動きも良かったですよ」

■ステラウインド(牡6・美浦・尾関知人)について、尾関知人調教師。
「前走の日経賞(6着)は、別定のGIIとメンバーが揃っていて時計も速かった中、外枠から終いもよく脚を使って頑張ったと思います。先週は気持ちが入る感じでしっかりとやりましたので、今週はいつも通りに単走で追い切りましたが、動きも良かったですし、力を出せる状態です。ハンデも特に気にしていませんし、条件戦でしたが東京では毎年勝っていますので、楽しみは持っています」

■ヴァーゲンザイル(セン7・美浦・田村康仁)について、田村康仁調教師。
「前走のメトロポリタンS(OP・3着)は良馬場でしたし、前が有利というのはわかっていたのですが、前半急かすとこの馬は嫌になってしまいますので、馬が自ら行く気になるまで待つ競馬をしてもらいました。その分位置取りが後ろになるのは仕方なかったですし、最後は良い脚を使ってくれました。負けましたけど、良いパフォーマンスを見せてくれたと思います。

レース後は山元トレセンに放牧に出し、こちらに戻ってからも背中に疲れもありませんし、順調にここまで来ています。今週は息を整える程度の追い切り内容でしたが、きっちりと仕上がりました。右回りでも左回りでも走れますし、良馬場なら良いパフォーマンスを見せてくれるでしょう。馬場状態と馬のヤル気がポイントになるでしょうが、重賞でも楽しみです」

■グランデスバル(牡7・美浦・星野忍)について、星野忍調教師。
「前走のモンゴル大統領賞(OP・15着)は2、3番手につけてそれなりの競馬をしましたが、長い休みがありましたから、最後は息が切れましたね。それでもバタバタにはならなかったですし、1回使って心臓の音が良くなっていると獣医も言っていました。やはりレースに使うと違いますね。連闘になりますが、普段追い切りができない馬なので、ちょうど良い追い切りになったと思いますよ。

今週も南Aコースを普通キャンターで乗って、プールで調整しています。元気一杯ですね。蹄を痛めて休養していましたが、今は蹄も大丈夫です。相手なりに走る馬ですし、自分の競馬をしてくれればと思っています」

(取材・文・写真:佐々木祥恵)

 

目黒記念ニュース

 

【目黒記念(日曜=31日、東京芝2500メートル)注目馬28日朝の表情:栗東】長距離重賞で2着3回の実績を誇るファタモルガーナは厩舎周りの運動で体調を整えた。陣営は初重賞制覇を狙っている。

 佐藤助手「すごくデキの良かった前走(ダイヤモンドS=2着)には及ばないまでも、もともと好不調の変動が小さな馬。放牧から帰厩して日は浅いけど、仕上がりとしては悪くないよ。鞍上(戸崎圭)もこの馬の切れないがバテない特徴はつかんでくれているようなので、しぶとさを生かせる形になれば」

【目黒記念(日曜=31日、東京芝2500メートル)注目馬28日朝の表情:美浦】ステラウインドは厩舎周りの運動でじっくりと調整された。

 尾関調教師「当初は春の天皇賞も視野に入れていたが、こうして見ると使わなくて正解だったね。放牧を挟んだ今回はフレッシュさを取り戻し、雰囲気が明らかに違うから。今回はバリバリのオープン馬も見当たらないし、今の気配でもうひと押しが利けば楽しみ」

この記事の続きを読む

ゴールドシップ|天皇賞(春)制覇|まさかの再試験

ゴールドシップ|天皇賞(春)制覇|まさかの再試験
ゴールドシップ|天皇賞(春)制覇|まさかの再試験まとめ

 3日、京都競馬場で行われた天皇賞・春(4歳上オープン、芝外3200メートル)を制したのはゴールドシップ(牡6・須貝)。後方待機から2周目の向正面で早めにスパート。4角手前で先に抜け出したカレンミロティックをゴール前で差し切った。“鬼門”とされた京都を攻略し、これでGIは6勝目。3連覇を狙う宝塚記念では不動の主役を務めることになる。

 47歳のベテラン・横山典。勝利数はさすがに減ってはいるが、名手の嗅覚はまだまだ健在だ。今回ほど気分屋ゴールドシップのパートナーにふさわしいのは誰かを痛感したレースはないだろう。

「(スタートしてから)1回も手応えを感じる走りではなかった。馬と人の我慢比べ。馬もそうだけど、人も最後までよくあきらめずによく走らせたと思う」(横山典)

 何度も尻っ跳ねをし、ゲート入りをごねたゴールドシップ。いつも以上にエキサイトした同馬の姿に不安を感じたファンも少なくないはずだ。スタート直後はキズナよりも後ろの最後方。この時点ではとても勝つイメージを持てなかった。

「行く形の競馬も考えていたけど、この馬ではやっぱり行けないね」

 過去2回の敗戦と最内枠を考慮し、先行策も考えていたという横山典。動いたのは2周目の向正面からだ。

 なかなかエンジンがかからないゴールドシップだが、鞍上は気持ちが切れないような絶妙のエスコート。道中のラップに緩みをつくらず、切れないがバテない特徴を存分に生かしきった。2着フェイムゲーム、3着カレンミロティックはともにスタミナ型のハーツクライ産駒。タフさを要求される1戦に持ち込んだ時のゴールドシップはやはり強い。

 今後は春の最大目標と位置付けるGI宝塚記念(6月28日=阪神芝内2200メートル)が待っている。勢いに乗って史上初の3連覇を狙うことになるが、誤算だったのは発走再審査が課されたこと。

「過去の2年が力を出し切っていなかったので、今回は後悔しないような競馬をしてもらいたかった。鞍上もコースを考えての騎乗だったと思う」とレース内容に満足している須貝調教師も「今回の件で再審査を受けることになった。宝塚記念へ向けて一筋縄ではいかないね」と調整のズレを心配している様子だった。だが、これも“鬼門”の京都をクリアしたことに比べれば、大きな問題ではない? ベストパートナーを得た現役最強馬がどこまで進化していくのか。宝塚記念3連覇へ視界良好といっていいだろう。

 
 
枠入りの時間がかかりすぎた…ゴールドシップ

この記事の続きを読む

【2015年天皇賞春】キズナは本調子なのか?それとも・・・!!

【2015年天皇賞春】キズナは本調子なのか?それとも・・・!!
【2015年天皇賞(春)】キズナは本調子なのか?それとも・・・
 

 いよいよGI再開??ゴールデンウイーク真っただ中の今週末の日曜(5月3日)、京都競馬場では古馬の最強ステイヤーを決める第151回天皇賞・春(芝外3200メートル)が行われる。主役候補は昨春、単オッズ1・7倍の断然人気で4着に敗れたキズナ(牡5・佐々木晶三厩舎)。レース中の骨折(左前第3手根骨)が影響したが、戦列復帰後も3→2着とファンの期待を裏切る格好となった。ダービー馬は完全復活するのか? 陣営の“本音”に迫った。

 単オッズ1・4倍の断然人気となった大阪杯のキズナ。ラキシスに2馬身差のゴールに、スタンドのファンから悲鳴にも似たため息が漏れた。

 レース直後の武豊は「正直、負けるとは思っていなかったし、よく分からない。調教では良くなっていると感じたが、まだ本調子じゃなかったのか」と言葉を選びながらも敗戦のショックは隠しきれない様子だった。

 22キロ増の馬体重が示すように、復帰初戦の京都記念は太め残り。「一歩間違えれば競走能力を失ったかもしれない重度の骨折明け。順調な仕上がり過程でも、調教で走り過ぎて再度故障してしまうことだけは避けなきゃいけない。そういう難しさはあった」と佐々木調教師は説明していた。

 では叩き2走目の大阪杯の8キロ減という馬体重に誤算があったのか?「大阪杯は絶対に勝てると思っていた」とキズナの体調の変化を最もよく知る担当の田重田厩務員は騎手、調教師と同じ考えでレースに臨んでいた。

「京都記念の時の装鞍所での姿はさすがに太いなと感じたけど、前走は数字に関係なく締まっていい体になったから大丈夫だと思った」と太め残り説を否定する。

 ならば不良馬場? それでも3歳秋に凱旋門賞に挑戦(4着)し、前哨戦のニエル賞を快勝とフランスのタフな芝を経験しているキズナだけに、道悪に敗因を求めるのも無理がある。実際、武豊も「道悪でも滑ったりノメったりすることはなかった」と証言している。

 ただ、佐々木調教師は別の角度からこう分析する。「耳を絞って嫌がるそぶりを見せていた。重い芝で走れる適性はあっても、気持ち良く走れない馬場は好きじゃなかったのかもしれない」。武豊が続ける。「あの日は泥や芝の塊がバンバン飛んでくる特殊な馬場状態。キズナの位置は最もその影響を受ける場所。そういう経験が少なかった分、嫌がっていたんでしょう」。大阪杯でキズナが気分良く走れていないのは確かなようだ。

 骨折後はその痛みがあった故障箇所をかばった走りとなり、以前のパフォーマンスを取り戻せないサラブレッドは数多い。キズナもそうなのか。その不安を田重田厩務員は否定する。

「負けはしたけど、京都記念の走りを見て安心したんだ。きちんと手前も替えていたし、骨折の跡を気にする様子もなかった。『大丈夫』とユタカ(武豊)も言ってくれたしね。大阪杯も切れてないわけじゃない。一気に脚を使って最後に止まるのは仕方がない。もともと長く脚を使うというより、一瞬の切れを生かすタイプだから。仕掛けのタイミングを計っていたルメール(ラキシス)にうまくやられたということじゃないかな」

 サラブレッドにとっては休み明け3戦目の走り頃。ファンの多いキズナに今回も人気が集中するだろうが、陣営がかなりの手応えをつかんでいるのも事実だ。

「負けてはいるが、休養前よりレースで上手に走れるようにはなっている。そういう意味では完成形に近づきつつあるのかもしれないし、今なら“普通の競馬”をして勝つことも可能だと思う」

 佐々木調教師は後方一気からの戦法変更さえ示唆した。武豊は「心配なところは何もないんです。あと足りないのは結果だけ」と。

 レース中の骨折があった昨春の天皇賞は不本意な競馬だったが、距離に対しての不安はない。今回は貪欲に1着を取りにいくという思いで団結しているチーム・キズナ。歯車がかみ合えば日本ダービー以来のGI優勝もそれほど難しいことではないかもしれない。その先には凱旋門賞でのリベンジという大きな夢が待っている。

 

キズナのベストパフォーマンスはこれ

 
 
これを見て、距離は長くないほうが良いのかもっておもってしまう。
 
キズナ距離不安
 
 

この記事の続きを読む

桜花賞予想|3歳クラシック1冠|ルージュバックについて振り返って見る|ネット評価まとめ

桜花賞予想|3歳クラシック1冠|ルージュバックについて振り返って見る|ネット評価まとめ

桜花賞予想|3歳クラシック1冠|ルージュバックについて振り返って見る|ネット評価まとめ

 

管理人はここを利用しています

ターフビジョン

ターフビジョン
ターフビジョン サイト情報

サイト名:ターフビジョン

URL:http://turf-v.jp/

メールアドレス:info@turf-v.jp

 

無料予想がゲキアツですQ|!!

 

ルージュバックの馬体診断

「桜花賞・G1」(12日、阪神)

JRAでは今週からG1シリーズが本格的に開幕。これに合わせて、デイリースポーツオンラインでは春の各G1で、出走馬の写真と馬体診断を掲載します。馬を見る目には定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが各馬をA~D評価する。

【写真集】2015春のG1馬体診断

【ルージュバック=A】

久々のきさらぎ賞は長距離輸送を挟んだ分もあり、体重変動はなし。もともと皮膚が薄く、無駄な肉がつかないタイプでもあり、牝馬らしいシャープな体つきだ。それに反するかのように首差しが立派。ここがたぐいまれな推進力の原動となっているのだろう。暖かくなって毛ヅヤが良化したこともあるが、全体的に前走時よりも張りが増してきた。気配は申し分ない。(馬サブロー・石堂道生)

〈1週前追い切り診断〉美浦Wで6F82秒8-37秒3-12秒1(仕掛け)。仕掛けられてからの反応が鋭く、バネの利いたフットワークも健在。中間もすこぶる順調だ。

文句なしの3戦3勝

この記事の続きを読む