カテゴリー:競馬重賞レース(G1)の記事一覧

競馬予想M

競馬予想に関するもののまとめです。競馬予想に関するいろいろなものを集めました。

カテゴリー:競馬重賞レース(G1)

桜花賞1週前登録馬|3歳クラシックロード

桜花賞1週前登録馬|3歳クラシックロード
桜花賞1週前登録馬|3歳クラシックロード
 

 第75回桜花賞の登録馬(4月12日=日曜、阪神芝外1600メートル)が29日、JRAから別表の通り発表された。現時点では賞金1100万円の3頭のうち、2頭が抽選で出走可能となっている。

 2歳女王ショウナンアデラは骨折で戦線を離脱したものの、3頭の無敗の3勝馬を中心とした多士済々なメンバーによるハイレベルなレースが期待される。

 主役候補はルージュバック。抜群の競馬センスに加えて強烈な末脚を兼ね備える。昨年リーディングの鞍上の戸崎圭にとってもクラシック初制覇がかかる。

 キャットコインは長くいい脚を使えるのが持ち味。ベスト舞台は東京だろうが、桜の舞台の直線は476メートル。決め手を存分に発揮できるはずだ。

 フィリーズレビューを大外一気の競馬で制したのはクイーンズリング。急坂を駆け上がってもなお、脚色が鈍らずに追い込む豪脚は脅威的。

 精神面の成長が著しいチューリップ賞優勝馬ココロノアイ、阪神JF2着レッツゴードンキなど伏兵陣も実力差はほぼなし。注目の牝馬クラシック第1弾となりそうだ。

 

やっぱりここでは文句ない

ルージュバックなんでしょ!!

 

前走、きさらぎ賞-動画

 
まあ文句なしでしょ…
 
桜花賞(4月12日、阪神)の登録馬が29日、JRAから発表された。フルゲート18頭に24頭が登録。

 きさらぎ賞制覇のルージュバック、フィリーズレビュー勝ちのクイーンズリング、クイーンC優勝キャットコインの3戦無敗重賞ウイナー3頭が激突。現時点では優先出走権を獲得した8頭、収得賞金順で1200万円のトーセンラークまでの8頭が出走可能。

この記事の続きを読む

ハッピースプリント|があるか?どうか?地方馬V

ハッピースプリント|があるか?どうか?地方馬V
ハッピースプリント|があるか?どうか?地方馬V
 
吉原で一発あるかどうか?
 

 「フェブラリーS・G1」(22日、東京)

 大きな夢を乗せて、いよいよ大井の若大将・ハッピースプリントがJRAのG1に初めてチャレンジする。昨年の南関東2冠馬は、東京大賞典、川崎記念でともにホッコータルマエの4着。歴戦のつわものにもまれて、力をつけてきた。「大賞典の内容を見て挑戦させたいと思いました。本質的に距離はマイルから千八がベスト。府中のマイルは合っていると思うので」と森下淳師は瞳を輝かせる。

 自身も10年の厩舎開業以来、初となる中央の大舞台。1日に35歳となったばかりの指揮官は「5年をメドに中央のG1に挑戦することが目標でした。その5年目にこういう馬を預からせてもらって、関係者には感謝しかないですね」とうなずく。勝てば日本人トレーナーでは史上3番目の年少G1制覇となる。

 2歳にして年度代表馬となり、その勲章を引っ提げて3歳春にホッカイドウ競馬から転入。当初は試行錯誤の連続だったが「1年を通してやってみて、手探り感はなくなりました。体質も随分強くなってくれました」と成長ぶりに目を細める。

 99年メイセイオペラ以来の地方所属馬Vを狙う。「一筋縄ではいかない相手ですが、コーナーが緩くて広いコースは最も力を出し切れる舞台」と条件は申し分ない。「先々はこのレベルで戦える器だと思っています。これまで期待以上の走りをしてくれているし、ここでもしっかりと走れれば…」。高鳴る胸の鼓動を抑え切れない。

 

川崎の全日本2歳優駿-2013年

この記事の続きを読む

【フェブラリーS2015年】カゼノコとハッピースプリント…もしかして、この2頭

【フェブラリーS2015年】カゼノコとハッピースプリント…もしかして、この2頭

【フェブラリーS2015年】カゼノコとハッピースプリント…もしかして、この2頭

ターフビジョン
ターフビジョン サイト情報

サイト名:ターフビジョン
URL:http://turf-v.jp/
メールアドレス:info@turf-v.jp

カゼノコとハッピースプリント…もしかして、この2頭

 春のダート王の座をかけた一戦は、昨年のジャパンダートダービー1、2着馬に注目だ。JDD覇者カゼノコを管理する野中賢二調教師(49)=栗東=は、藤岡範士厩舎の調教助手時代に、母タフネススターの調教を担当。ゆかりの血統で頂点を意識する。一方、昨年の南関東2冠馬でJDD2着のハッピースプリントを管理する森下淳平調教師=大井=は35歳の新進気鋭。99年メイセイオペラ以来となる地方馬Vへ意欲十分だ。

 師匠から引き継いだ、ゆかりの血統を中央の頂点へと導く。昨年、ジャパンダートダービーを制覇したカゼノコ。秋は年長馬の壁にぶち当たったが、前走の川崎記念では砂の絶対王者ホッコータルマエに3/4馬身差まで迫った。「タルマエは今のダート界では抜けた存在。前走では早めに追い上げて迫ったのだから、成長を感じた。そのタルマエが今回はいないので、チャンスだと思う」と野中調教師は闘志を見せる。

 01年にカブトヤマ記念を制した母のタフネススターは、助手時代に所属した藤岡範士厩舎で携わってきた。「お母さんは難しい面があったけど、すごくいい馬。カゼノコのように、すごい切れ味があった」とトレーナー。唯一の重賞勝ちは13頭立ての最後方から差し切った。母を担当していたのはカゼノコと同じ吉原健太郎助手で、藤岡範厩舎から移籍して愛着のある息子に手をかけてきた。

 82年に栗東トレセンに入り、助手時代は藤岡範厩舎ひと筋だった野中師。「素晴らしい師匠。藤岡先生の厩舎にいなかったら今、この世界にいたかどうか、分からない。母も所有しておられた、ぬで嶋(ぬでじま)オーナーも、助手のときから20年以上の縁になる。ずっとつながってきた大事な縁があって、この馬がいる」と深く感謝する。

 カゼノコには、トレーナーの競馬人生が詰め込まれている。「まだ4歳だから伸びしろは大きい。マイルは少し忙しいかもしれないが、東京は直線が長いので十分にカバーできると思う」。母譲りの末脚で差し切り、師匠に最高の報告をする。(内尾 篤嗣)

 
カゼノコとハッピースプリント同じレースに出ています
 

この記事の続きを読む

有馬記念、中山競馬場に初めて来たジェンティルドンナ|中山競馬場の適正を調べてみた

有馬記念、中山競馬場に初めて来たジェンティルドンナ|中山競馬場の適正を調べてみた
有馬記念、中山競馬場に初めて来たジェンティルドンナ

 ▽12時36分 ジェンティルドンナ到着。今回が初の中山遠征となるが、「初めての環境で気にしているところはあるけれど、それも勝負のうち」と日迫厩務員。

 
有馬記念、中山競馬場に初めて来たジェンティルドンナ|中山競馬場の適正を調べてみた
 

この記事の続きを読む