カテゴリー:競馬重賞レース(G2)の記事一覧

競馬予想M

競馬予想に関するもののまとめです。競馬予想に関するいろいろなものを集めました。

カテゴリー:競馬重賞レース(G2)

青葉賞と言えば…この厩舎(藤沢厩舎)

青葉賞と言えば…この厩舎(藤沢厩舎)
青葉賞と言えば…この厩舎

 「青葉賞・G2」(5月2日、東京)

 ディープインパクト産駒の素質馬が文句なしの動きだ。連勝中のレッドライジェルは29日、美浦Wで併せ馬。5F69秒0-39秒0-12秒7の時計で、サトノオー(7歳500万下)に1馬身先着。終始楽な手応えで、切れのある動きを披露した。騎乗した柴田善は「中間の雰囲気はいいし、きょうの気配も良かった」と出来の良さを強調した。

 コンビを組んで2戦2勝。その内容を「他馬を怖がる面が解消されてきたからね。いい傾向にあるよ」と分析する。以前は精神面の弱さを露呈し、レースに集中できなかったが、実戦を重ねるごとに成長してきたようだ。

 シンボリクリスエス(02年)、ゼンノロブロイ(03年)、ペルーサ(10年)と、青葉賞3勝の藤沢和師も「今は気持ちが安定している」と成長ぶりに太鼓判だ。「ここ2戦の内容は良かったし、今回の舞台も合う。楽しみだね」とうなずく。

 準備は整った。舞台を熟知する名将の送り込む素質馬が、ダービーへの切符をつかみ獲る。

 

【青葉賞】レッドライジェル豪快な伸び脚「他馬を気にしなくなった」

【青葉賞(土曜=5月2日、東京芝2400メートル=2着までにダービー優先出走権)注目馬29日最終追い切り:美浦】レッドライジェルは南ウッドでサトノオー(古馬500万下)と併入。追走からラストは外に出し、1ハロン12・8秒と力強く脚を伸ばした(5ハロン69・3―39・5秒)。

 柴田善騎手「他馬を気にしなくなり馬も良くなっている。追い切りもとてもいい動きだったし、ここは勝ちたいところ」

 

 

藤沢厩舎といえば

過去青葉賞を3勝している

 

2010年

ペルーサ

2003年

ゼンノロブロイ

2002年

シンボリクリスエス

 

 

マイラーズカップ(マイラーズC)|今回大注目の馬

マイラーズカップ(マイラーズC)|今回大注目の馬
マイラーズカップ(マイラーズC)|今回大注目の馬
 

 マイラーズCの追い切りが22日、東西トレセンで行われた。栗東では、牝馬で唯一参戦するディアデラマドレがCWコースでシャープな伸び。4カ月ぶりを感じさせない好ムードを漂わせた。フィエロは力強い走り、フルーキーはサンケイスポーツ調教評価の『S』を獲得する動きを披露した。

 冬に逆戻りしたかと思わせるほどの冷え込みのなかで、ディアデラマドレが熱気あふれる3頭併せを披露した。久々でも仕上がりは万全だ。

 「よかったですよ、動きは先週よりもよかったです。コントロールが利いたなかで気合も乗っている。ボクが手綱を放せば、ビュンと反応しそうな感じでしたね」

 藤岡康騎手が手綱越しの好感触をストレートに伝える。CWコースで牡馬のエキストラエンド、リベルタス(ともにOP)と併せ馬。力まずにスタートして、リズムよくリベルタスを追走した。人馬の呼吸が合った走りで最後の直線へ。馬場の真ん中で、ラスト1ハロン11秒9の鋭い伸びを披露。エキストラと併入も、勢いは上回っていた。

 「以前の頼りない感じが抜けて、すごく成長しているのを感じます」とジョッキーも気配のよさに満足げ。文句なしの態勢で復帰戦を迎えられる。

 昨年はマーメイドS、府中牝馬S、愛知杯の牝馬重賞3勝に加え、GIエリザベス女王杯が小差の3着。なかでも「力をつける前なら、あの競馬は無理だったでしょうね」と鞍上が振り返る前走の愛知杯は、得意ではない重馬場を克服。豪快に突き抜けて強さをアピールした。

 今回は初の1600メートル戦になるが「むしろいいんじゃないかなと考えています」と藤岡康騎手。マイルなら、身上の切れ味に磨きがかかる可能性は大きい。牡馬のトップマイラーが集うなか紅一点でのチャレンジになるが「男馬相手でも楽しみです」とジョッキーは腕をぶす。実力を試すには格好の舞台。ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)の大舞台へ、勝って弾みをつける。 (宇恵英志)

 

ディアデラマドレ

父-キングカメハメハ、母父-サンデーサイレンス

愛知杯-動画(1着)

 
1着 ディアデラマドレ 藤岡康太
2着 キャトルフィーユ ムーア
3着 ストートサルサ 田中勝春
 
府中牝馬S-動画(1着)
 
 
 
府中牝馬S-動画(1着)
 

 
1着 ディアデラマドレ 藤岡康太
2着 スマートレイアー 横山典弘
3着 ホエールキャプチャ 蛯名正義
 
 
ツイッターの声
 

この記事の続きを読む

東海ステークス回顧|レース動画|圧勝したユタカ様

東海ステークス回顧|レース動画|圧勝したユタカ様
東海ステークス回顧|レース動画|圧勝したユタカ様

 25日の中京11Rで行われた第32回東海ステークス(4歳上オープン、GII、ダート1800メートル、14頭立て、1着賞金=5300万円、1着馬にフェブラリーSの優先出走権)は、武豊騎手騎乗の1番人気コパノリッキー(牡5歳、栗東・村山明厩舎)が2番手追走から直線で抜け出して完勝した。タイムは1分50秒9(良)。

 これが本物のコパノリッキーだ。ここ2戦、完敗続きだったGI・3勝馬が見事に復活。新コンビ・武豊騎手を背に4馬身差の圧勝劇を演じ、フェブラリーS連覇にリーチをかけた。

 レースはニホンピロアワーズが気合をつけて先手を取り、スタートを決めたコパノリッキーは無理せず2番手。さらにナムラビクター、マイネルバイカと続く。インカンテーションは最後方からの競馬となった。ニホンピロアワーズは速いペースで引っ張るが、コパノリッキーは楽な手応えで追走。4コーナーでは早くも前に並びかけて行く。直線に入ってすぐ先頭に立つと、後続は置き去りになって独走状態。最後は余裕すら感じさせる内容でコパノリッキーが4馬身差で完勝した。2着は9番人気のグランドシチー。ハナ差3着には最後方から追い込んだ3番人気のインカンテーションが入っている。

 コパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリーという血統。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬で、小林祥晃氏の所有馬。通算成績は15戦8勝(うち地方5戦3勝)。重賞は交流GII兵庫チャンピオンシップ(2013年)、GIフェブラリーS、交流GIかしわ記念、交流GI・JBCクラシック(14年)に次いで5勝目。村山明調教師、武豊騎手ともに東海Sは初勝利。

 武豊騎手は「いいスタートではなかったけれど、五分に出てくれました。手応えが良すぎて自然と先頭に立つ形になりましたが、人気に応えられてホッとしました」と初騎乗でのVに笑みを浮かべていた。

 
東海ステークス動画-2015年

 

1着 コパノリッキー 武豊

2着 グランドシチー 津村明秀

3着 インカンテーション 大野拓弥

 

 東海ステークス-ツイッターの声

この記事の続きを読む