日本の顕彰馬まとめ|ディープインパクト
日本の顕彰馬まとめ|ディープインパクト
(2015年5月4日作成)
 
 
4月特集 春競馬、クライマックス(19)

2015年3歳クラシック
■Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第4弾)

 3歳牡馬クラシック第1弾の皐月賞(中山・芝2000m)が4月19日に行なわれた。戦前に注目されたのは、牝馬の桜花賞同様、無傷の3連勝で本番を迎えた2頭の無敗馬だった。そのうち、特に人気を集めたのは、唯一の重賞2勝馬サトノクラウン(牡3歳/父マルジュ)。前哨戦の弥生賞(1着。3月8日/中山・芝2000m)における磐石なレースぶりもあって、1番人気に推された。

【競馬】天皇賞・春、日欧の名血の結晶アドマイヤデウスが飛躍する

 しかしサトノクラウンは、いきなりスタートで出遅れ。さらに4コーナーで致命的な不利をこうむって、実力を発揮できぬまま6着に敗れた。もう一頭の無敗馬キタサンブラック(牡3歳/父ブラックタイド)も、道中2番手で追走し、巧みな立ち回りを見せたものの、最後は決め手の差に泣いて3着にとどまった。

 一方、サトノクラウンと人気を分け合った2番人気のリアルスティール(牡3歳/父ディープインパクト)は、流れに乗って完璧なレースぶりを披露。4コーナーを3番手という好位置で迎え、直線に入ると一気に先頭に立って後続を引き離した。が、大外から豪快に伸びてきた勝ち馬に屈した。

 これら注目馬をまとめて一刀両断に下したその勝ち馬こそ、3番人気のドゥラメンテ(牡3歳)。桜花賞を制したレッツゴードンキ(牝3歳)と同じキングカメハメハ産駒だ。母はGI2勝の名牝アドマイヤグルーヴ(父サンデーサイレンス、母エアグルーヴ)。その最後の産駒という超良血馬が、大舞台で一気に花を咲かせた。

 この勝利でドゥラメンテは、次なる戦い、3歳クラシック最高峰の舞台となる日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)の大本命に浮上。牝馬戦線とは逆に、これまで「混戦」と見られてきた牡馬戦線は「一強」の様相を呈してきたが、上記皐月賞までの結果と経過を踏まえて、ダービーの行方を占う『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、日刊スポーツの木南友輔記者、デイリー馬三郎の吉田順一記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者がそれぞれに、現時点における3歳牝馬・牡馬の実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

◆第1弾=2月19日配信「2015年クラシックを占う『3歳馬ランキング』」参照
◆第2弾=3月13日配信「弥生賞後に診断『2015年3歳牡馬ランキング』」参照
◆第3弾=4月2日配信「皐月賞に挑む有力馬『2015年3歳牡馬ランキング』」参照

 1位は当然、皐月賞を驚異的な末脚で制したドゥラメンテ。これまでも重賞未勝利ながら常にランク入りしてきたが、皐月賞の勝ちっぷり同様、一気にトップに躍り出た。

■吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「皐月賞では4コーナーで大きく外に膨れたように、優等生の競馬ができるわけではありません。ゆえに、ポジションを取りにいくと、行きたがる面を見せるかも……といった不安はダービーでも拭えません。とはいえ、皐月賞でも序盤から中盤にかけての折り合いは、ほぼパーフェクトでした。まして、気性面を補って余りある脚力の持ち主。その爆発的な決め手は、世代屈指、いや古馬を含めても3本の指に入りそうな破壊力があって、中山の2000mより、東京の2400mのほうがしっくりきます。ポジショニングで後手を踏んだりしたら、取りこぼしがあるかもしれませんが、能力は間違いなく世代ナンバー1です」

■市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「皐月賞の結果によって、一気に勢力図が変わりました。ドゥラメンテの”一強”ムードになった、と言っても過言ではないでしょう。ダービーで負けるとしたら、気性の難しさを出して2着に終わった、共同通信杯(2月15日/東京・芝1800m)のような場合だけだと思いますよ」

■土屋真光(フリーライター)
「東京で実績を残してきたこれまでの戦績から、トリッキーな中山コースで行なわれる皐月賞は、どちらと言えばこの馬には不向きだと思っていました。しかし、こちらの見立てを大きく上回る豪快な勝ちっぷり。評価を改めるべきだな、と痛感させられました。ダービーでは東京コースに戻りますから、プラス材料がさらに増しますね」

 2位は、皐月賞2着のリアルスティール。ポイント的には1ポイント増加したものの、順位は前回1位からワンランクダウンとなった。

■木南友輔氏(日刊スポーツ)
「皐月賞では直線入り口で絶好のポジションにいながら、最後はドゥラメンテに屈してしまいました。しかし、まだまだ逆転の余地はあるはず。共同通信杯では好位のインから抜けて、ドゥラメンテを競り落としました。ダービーでも、内枠からの逆転シーンが想像できます」

■土屋氏
「皐月賞は、完璧過ぎるレース運びをして2着。あの競馬で負けたのなら『ドゥラメンテが強過ぎる』と思った反面、『ドゥラメンテとは見た目ほどの差はないな』という印象も持っています。というのも、スタート、仕掛けどころと、いずれもリアルスティールは反応が良過ぎ。その長所が、皐月賞では逆に“アダ”となったように思うからです。その辺をうまくコントロールできれば、ダービーで逆転があってもおかしくありません」

 3位は、サトノクラウン。皐月賞ではスタートで立ち遅れて、4コーナーでも不利を受けて不完全燃焼に終わったが、6着に沈んだ分、ランクダウンは免れなかった。

■市丸氏
「ダービーで逆転があるなら、(皐月賞で)出遅れて、4コーナーで大外を回らされて、さらにドゥラメンテにもぶつけられたサトノクラウンでしょう。きちんとスタートできるなら、という条件はつきますが、ドゥラメンテを脅かせる存在はこの馬以外にいないと思います」

■土屋氏
「日本ダービーの“あるある”は、弥生賞馬(サトノクラウン)の巻き返し。その弥生賞の完璧な内容からしても、皐月賞の敗戦だけでは評価を落とせません」

 4位は、2頭。皐月賞4着のブライトエンブレム(牡3歳/父ネオユニヴァース)と、同3着のキタサンブラックが同ポイントで並んでランクインした。

■市丸氏
「ダービーでは、ハイペースになればブライトエンブレムに、スローペースになればキタサンブラックに、好走のチャンスが訪れるのではないでしょうか」

■本誌競馬班
「ブライトエンブレムは、札幌2歳S(1着。2014年9月6日/札幌・芝1800m)をはじめ、弥生賞(2着)、皐月賞(4着)と、ハイレベルな戦いの中で常に上位争いを演じてきました。その堅実さは評価すべきだと思います。また、キタサンブラックの先行力と粘りは相当なもの。ダービーでも、有力馬が後方でけん制し合うようなら、チャンスがあるかもしれません」

 今回は、上記5頭が抜けた評価となり、6位以下は割れた。識者それぞれがダービーでの穴馬候補を選出。吉田氏は、「皐月賞は回避しましたが、ポテンシャルの高さは上位陣にヒケをとりません」と、弥生賞1番人気で7着に敗れたシャイニングレイ(牡3歳/父ディープインパクト)の復活を期待する。

 また、木南氏は5月2日に行なわれるトライアル、青葉賞(東京・芝2400m)でのダービー出走権獲りを目指す、レッドライジェル(牡3歳/父ディープインパクト)を推す。

「この馬の上昇度が、とにかくすごいんです。出走権を獲得できれば、ダービーでも狙える存在です。2走前に続いて大外一気を決めた前走・山吹賞(4月4日/中山・芝2200m)の走りは本物。まずは、青葉賞での走りに注目です」(木南)

 皐月賞で勢力図が大きく動いた牡馬クラシック戦線。このまま上位磐石で進むのか、はたまた新たな“刺客”が登場するのか。雌雄を決する大舞台まで、あと1カ月である。

text by Sportiva

 

ディープインパクト

父-サンデーサイレンス、母父-Alzao

重賞勝利

平成17年 

弥生賞・皐月賞・東京優駿・神戸新聞杯・菊花賞・有馬記念

平成18年

阪神大賞典・天皇賞(春)・宝塚記念・ジャパンカップ・有馬記念

まあ文句なしですね

 

種牡馬になっても

ジェンティルドンナ・ディーププリランテなどの名馬を

 

 

 デビュー戦ですね

この記事の続きを読む