カテゴリー:競馬予想(中央)の記事一覧

競馬予想M

競馬予想に関するもののまとめです。競馬予想に関するいろいろなものを集めました。

カテゴリー:競馬予想(中央)

ジェスタウェイ&ゴールドシップ

ジェスタウェイ&ゴールドシップ
ジェスタウェイ&ゴールドシップ
 

 10・5仏G1凱旋門賞(ロンシャン競馬場=芝2400メートル)が刻一刻と迫る。レーティング世界ナンバーワンのジャスタウェイ(写真右)と、宝塚記念などG1・5勝のゴールドシップ(ともに牡5・須貝)の豪華併せ馬が10日、栗東トレセンで実現した。

 2頭揃って坂路入り。並んで走ると個性の違いは歴然だ。大跳びでゆったりと走るゴールドに対し、ジャスタはキビキビとしたフットワーク。前半からスピードの乗りが良かったのは後者で、道中は手応え良く先行する。

 ラスト2ハロン過ぎからともにスパート。楽に加速した世界王者に対し、芦毛の帝王も懸命に食らいつく。

 激しいデッドヒートは結局、半馬身差でジャスタウェイ(4ハロン52・9―38・1―12・5秒)に軍配が上がったが、ゴールド(同53・2―38・3―12・5秒)も持ち味を十分に発揮した。

 須貝調教師もご満悦で「2頭とも仲よく最後まで併せて、しっかり負荷をかけられた。この2頭で走ると迫力があるね」と目尻を下げた。

 札幌記念2着のゴールドシップは「すごい回復力。馬体もすぐに戻ったし、今朝もこれだけやれた。それくらい具合がいい」。

 ジャスタウェイについては「(久々だが)順調に乗り込めている。輸送も考えながらしっかりと負荷をかけているし、予定通り」と順調さをアピール。

 須貝2騎とハープスターは20日に渡仏する。

 

須貝2頭の注目調教ですね、

ゴールドシップ

宝塚記念

 
ジャスタウェイ
安田記念
 

 
 
 
いよいよ凱旋門賞ですね、超期待の2頭
 
 
 

明日の馬場傾向

明日の馬場傾向

明日の馬場傾向 

 netkeiba.comのパドック予想でお馴染みの古澤秀和氏による、馬場の傾向分析です。明日の予想にお役立てください。

【新潟芝】
・終日良馬場での開催。時計はやや掛かり気味。ただ、馬場質は普通~やや軽めという感じ。

・最終レースは外差し決着となったが、内の馬場も悪くはないので、特に内回りで皆が構えるような競馬では前残りを警戒する必要がある。

・外回りは決め手勝負になりやすい。速い上がりで差し切った経験のある馬に注目。

【新潟ダート】
・終日良馬場での開催。時計は標準~やや速めというところ。

・前が残る馬場状態で逃げ、先行馬が圧倒的に有利。差しが決まったレースはかなりのハイペース。特に1200mでは前にいないと厳しい。

【札幌芝】
・終日良馬場での開催。時計はやや掛かり気味。

・短距離は基本的に内枠や先行馬が有利。ただ、先週ほど顕著な傾向ではないので、ハイペースの場合は外の差し馬も圏内。中距離はあまり気にする必要はない。

・中距離ではサンデーサイレンス系でパワーのあるタイプを狙いたい。

【札幌ダート】
・終日良馬場での開催。時計は標準~やや速め。

・逃げ馬も残っていたが、捲りや差しが決まる場面も見られた。一応先行有利という程度に考えておきたい。

・血統面からはサンデーサイレンス系に注目したい。

【小倉芝】
・終日良馬場での開催。時計は夏の小倉として標準くらい。

・今週からBコースを使用しているが、内の荒れたところがカバーされて基本的には先行有利。後方一気の競馬では厳しい。

・時計はそこそこ出ているが、上位にきている馬を見るとそこそこパワーやスタミナといった要素が要求されている感じ。軽い切れで勝負するタイプは割引か。

【小倉ダート】
・稍重スタートでメインレースのみ良馬場での競馬。時計は標準~やや掛かり気味。

・1000mは逃げ、先行有利の様相も、1700mは捲りや差しが決まっていた。

・雨で脚抜きの良い馬場での開催が多かったので、乾いた馬場でパワータイプの巻き返しを狙いたい。

 

管理人各競馬場の注目馬

新潟競馬場

新潟7レース リターンラルク

小倉競馬場

小倉10レース アドマイヤクーガー

札幌競馬場

札幌2レース ポルトドートウィユ