カテゴリー:2016年クラシックロードの記事一覧

競馬予想M

競馬予想に関するもののまとめです。競馬予想に関するいろいろなものを集めました。

カテゴリー:2016年クラシックロード

メジャーエンブレムはNHKマイルC|2016年クラシック

メジャーエンブレムはNHKマイルC|2016年クラシック

メジャーエンブレムはNHKマイルC|2016年クラシック

桜花賞で4着に敗れた最優秀2歳牝馬メジャーエンブレム(牝3、田村)は距離適性などを考慮してオークスに向かわず、NHKマイルC(G1、芝1600メートル、5月8日=東京)を目指すことが決まった。

20日、サンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。鞍上は引き続きルメール騎手。現在はノーザンファーム天栄に放牧中で、27日に帰厩予定。

やっぱりかって感じですね・・・
まあこっちのほうが良いと思います。

この記事の続きを読む

皐月賞|2016年クラシックやっぱりミルコ

皐月賞|2016年クラシックやっぱりミルコ
皐月賞|2016年クラシックやっぱりミルコ

「皐月賞・G1」(17日・中山)

勢いは止まらない。「一番勝ちたいレース」と公言していた先週の桜花賞を、ジュエラーで快勝したM・デムーロ。昨年のチャンピオンズCからここまでJRA・G1騎乗機会5連続連対中で、今週の皐月賞で連対を果たせば、史上初となる騎乗機会6連続連対(84年のグレード制導入以降)が達成される。

新たな金字塔を打ち立てるか。絶好調男はコンビを組む2歳王者リオンディーズに大きな信頼を寄せている。前哨戦の弥生賞は2着に敗れたものの、悲観した様子は全く見られない。「休み明けで久しぶりのためか、道中で引っ掛かってしまった。2000メートルを走るのも久々だったからね。少し元気過ぎたが、中山競馬場を経験したことは大きい」とプラス材料を強調した。

勝てば、93年武豊以来、23年ぶり5人目となる同一年の桜花賞-皐月賞連勝だ。V請負人は笑顔で胸を張る。「追い切りには2週続けて乗って、折り合いがつくようになっている。時計も良かった。今年のメンバーは強いが自信はある」。03年ネオユニヴァースを皮切りに、04年ダイワメジャー、13年ロゴタイプ、15年ドゥラメンテと、皐月賞は過去4度制覇。勝ち方を知るイタリアンが相棒を頂点に導く。

G1で6連続連対中のミルコ・デムーロ
まさかのリオンディーズが1番人気予想(ネット競馬)

この記事の続きを読む

2016年3歳牝馬クラシック|桜花賞

2016年3歳牝馬クラシック|桜花賞
2016年3歳牝馬クラシック|桜花賞

【3歳クラシック指数】牝馬クラシック第1弾・桜花賞(日曜=10日、阪神芝外1600メートル)は2歳女王メジャーエンブレムが指数86の断トツ状態で迎える。今年初戦のクイーンCで5馬身差の“圧逃劇”。改めて性能の違いを誇示しただけに当然の評価だろう。

 4ポイント差で続くのが“ハイレベル”チューリップ賞で大激戦を演じたシンハライト、ジュエラーの2頭。この後となると、さらに6ポイント離される。“桜冠”有資格馬は3頭に絞っていいかもしれない。

 なお、先週の競馬で新たにランクインした馬は牝馬、牡馬ともにいなかった。

 
 
494:2016/04/06(水) 09:55:46.31 ID:

桜花賞も終わってみればデムーロ、ルメール

だったかあになるやろうな!(´・ω・`)

皐月賞→天皇賞春もなんやかんやで外人頼みに

なんねんで~!もうすぐ5月の連休ゴールデン

ウイークやで~!鯉のぼり♪

この記事の続きを読む

ハートレーは皐月賞を回避|2016年クラシック

ハートレーは皐月賞を回避|2016年クラシック
ハートレーは皐月賞を回避|2016年クラシック

 昨年のホープフルS・G2を制したハートレー(牡3歳、美浦・手塚厩舎)が左前脚のハ行のため、牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月17日、中山・芝2000メートル)を回避することが分かった。3日、所属するサンデーサラブレッドクラブが発表した。

 同馬は、1番人気に支持された前走の共同通信杯・G3で9着後、福島のノーザンファーム天栄へ放牧に出されており、3月31日に美浦トレセンへ帰厩。皐月賞を目指して調整していた。

 今後は厩舎で1週間様子を見てから決める予定。

 

その内伝説になりそうな、ホープルS