凱旋門賞2016ディープインパクト過去の敗戦から学べまとめ
凱旋門賞2016ディープインパクト過去の敗戦から学べまとめ

 世界最高峰のG1、凱旋門賞が10月2日、仏シャンティイ競馬場で行われる。これまで日本を代表するトップホースが同レースに挑んだが、世界の分厚い壁に跳ね返され続けてきた。今年こそ日本競馬の悲願は達成されるのであろうか。日本馬挑戦の歴史を振り返る。4回目は06年ディープインパクト。

 ◆2006年凱旋門賞VTR 8頭立てと少頭数で行われた。ディープインパクトは2、3番手追走から、直線でいったん先頭に立ったが、最後の叩き合いで屈し3位入線(のちに禁止薬物検出のために失格処分)。優勝は地元フランスの3歳馬レイルリンク(パスキエ騎乗)だった。

 【レース後の談話】

 武豊騎手「何と言ったらいいのか…。状態は良かったけど、本来の走りではなかったのが残念でした。馬場コンディションが良かっただけに悔しい。ゲートは後入れを要望し、先行の可能性もあると思って、あの位置から。いったん下げたが、直線は相手も強く、なかなか思うようにかわせなかった」

 池江泰郎調教師「ディープインパクトの力は出してくれたが、2頭強い馬(レイルリンク、プライド)がいた。スローペースは分かっていたし、押し出されたのは仕方ない。1、2着馬は斤量が軽かったから。激しいレースをしたばかりで、次のことはまだ考えられないが、またこの馬で大きいレースに挑みたい」

ディープインパクトー凱旋門賞

ディープインパクト全レース

スポンサードリンク



競馬スピリッツ
もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
当てまくる軸馬w
300x250

ここの競馬新聞激アツ・・・・wwww
中山6レース 3連単 17230円的中wwww
まずは無料会員でお試しあれ!!
victorybanner