凱旋門賞2016ナカヤマフェスタ過去の敗戦から学べまとめ
凱旋門賞2016ナカヤマフェスタ過去の敗戦から学べまとめ

世界最高峰のG1、凱旋門賞が10月2日、仏シャンティイ競馬場で行われる。これまで日本を代表するトップホースが同レースに挑んだが、世界の分厚い壁に跳ね返され続けてきた。今年こそ日本競馬の悲願は達成されるのであろうか。日本馬挑戦の歴史を振り返る。6回目は10年ナカヤマフェスタ、ヴィクトワールピサ。

◆2010年凱旋門賞VTR ナカヤマフェスタが、直線で、その年の英ダービー馬ワークフォース(ムーア騎乗)と激しく叩き合い、頭差の2着に健闘した。ヴィクトワールピサは、後方から差を詰めたが、7着(8位入線)に敗れた。英ダービーを7馬身差で圧勝したワークフォースは、続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスSで5着に敗れ、レース直前で出走に踏み切った馬だった。

【レース後の談話】

蛯名正義騎手(ナカヤマフェスタ)「何とか勝ちたかったけど、この馬の力は出し切れた。いい競馬ができたと思う」

二ノ宮敬宇調教師「記憶より、記録に残りたかった。2着というのは、まだ勉強が足りないということ。できるならば、また来たい」

武豊騎手(ヴィクトワールピサ)「残念でした。前がごちゃついてスムーズに運べなかった。直線で伸びてくれると信じていたが、じわじわとしか伸びなかった」

角居勝彦調教師「結果は残念だが、凱旋門賞には来年以降も挑戦していきたい」

ナカヤマフェスター凱旋門賞

スポンサードリンク



競馬スピリッツ
もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
当てまくる軸馬w
300x250

ここの競馬新聞激アツ・・・・wwww
中山6レース 3連単 17230円的中wwww
まずは無料会員でお試しあれ!!
victorybanner