今週の美浦・栗東のニュースまとめ
今週の美浦・栗東のニュースまとめ

 シルクロードSに出走予定の美浦所属各馬が、1月28日(水)と29日(木)に追い切りを行った。追い切り後の関係者のコメント。

セイコーライコウ(牡8・美浦・鈴木康弘)について、鈴木調教師。
「前走(ラピスラズリS・3着)は斤量の58キロを考えると、評価できる内容だったと思います。レース後も飼い葉をしっかり食べていますし、ゆるめずに坂路で調教を積むことができて、ここまで順調です。今週(1/28)は馬場が悪かったので、予定を変更して軽めにやりました。考えていた通りの時計でしたし、輸送がありますからこのくらいで良いと思います。屈腱炎で長く休んでいた分、8歳になっても頑張ってくれているのでしょう。今の京都の芝は前残りが多い感じもしますが、追い込み切れないわけでもないと思います。

 鞍上は、藤岡康太騎手になりました。善臣(柴田)さんが乗れないのは残念ですけど、頑張ってほしいです。定年まで残り1か月ほどですが、まだ静かな気持ちで競馬を見ていられますし、これまでと変わらない感じでセイコーライコウをレースに送り出したいと思っています」

プリンセスメモリー(牝8・美浦・高橋義博)について、高橋調教師。
「8歳ですが馬はまだ若いですし、この馬の瞬発力を生かせればやれるといつも話をしていた通り、前走(ラピスラズリS・1着)は全てがうまくいきました。次のレースの選択肢はいくつかありましたが、オープン特別の56キロは小柄なこの馬には厳しいですし、54キロならこなせると思い、シルクロードSを選択しました。乗り慣れた勝浦騎手が関西に乗りに行ってくれるのも大きいですね。

 輸送がありますので、今日(1/28)はサラッとやった程度ですが、動きは良かったです。あとは蹄がどうかだけですね。1日で急変することもある箇所だけに何とも言えませんが、今のところ順調です。小さい馬ですけど、気が強くて狭い場所にも平気で入っていけるのが強味ですね。前に行く馬が多いようなので、自分の競馬ができるのではと思います」

バクシンテイオー(牡6・美浦・堀宣行)について、橋本篤典調教助手。
「前走(タンザナイトS・3着)は開幕週の馬場だったので前に出していったのだと思いますが、その形でも最後まで脚をしっかり使っていたように、脚質に幅が出てきました。レース内容も良かったですね。レース後は一旦放牧に出ました。今週(1/28)の追い切りは、単走でサラッとやりました。クラス慣れをしてきましたし、この馬の競馬ができれば走れるのではないかと思います」

29日(木)に追い切ったベステゲシェンク(牡5・美浦・古賀慎明)について、古賀調教師。
「今日の追い切りは3頭併せでやりましたが、しっかり動いていましたね。前走のクロフネC(1600万下・1着)も強い内容でしたし、力をつけて充実してきました。ただ今回は初めての重賞になりますし、そのあたりがどうかでしょうね」(取材・写真:佐々木祥恵)

 アンバルブライベン(栗東・福島信晴厩舎)は開門直後の坂路で単走の追い切り。うっすらと雪が積もるような状態だったので、ウッドチップも硬くなって走りやすかったことが想定できる馬場だったが、4F53.3~3F37.8~2F23.9~1F11.7秒は優秀な時計。前走時と変わりないパフォーマンスを出せそう。

 小倉2歳S以来となる1200m参戦は、ホウライアキコ(栗東・南井克巳厩舎)。角馬場で体をほぐした後、坂路で単走。前半からゆったりとしたフットワークで、気負うことのない走り。その分、最後まで脚がたまっており、きっちり伸びてきた。4F55.1~3F39.9~2F25.3~1F12.2秒はデイリー杯2歳Sを勝った時のラップの踏み方に似ており、状態に関しては文句ない。(取材・写真:井内利彰)

 今週の栗東はぐずついた天気が続き、29日朝はうっすらと雪が積もった状態での調教開始となった。28日の冷え込みも厳しく、太目の馬が馬体を絞るには、なかなか難しい環境となっている。

 馬場に関しては、ウッドチップが寒さで凍っているのか、なかなか走りやすい状態。ただ、坂路馬場のように幅員が狭いと、同じ箇所を何度も馬が通るため、後半の時間帯になると、さすがに走りにくい状態。このあたりは少し頭に入れておきたい。

【坂路/4F51.9秒】
 28日。一番時計はギャラクシーエクス(栗東・庄野靖志厩舎)の4F50.7秒。また、4F51秒台の頭数も多く、3F目に11秒台のラップを刻んだ馬が3頭。好時計をマークした馬が朝一番の馬場開場直後に集中していることは言うまでもないと思うが、馬場開場から20分近く経った時間帯に好時計をマークした馬もいるので、極端に時計を要する馬場状態というわけではない。

 シルクロードSに出走を予定しているベルカント(栗東・角田晃一厩舎)は、クライミングローズの真後ろにつけて、最後に追い抜いていくという追い切り内容。折り合いをつけて走れていた点は好感が持てるし、追われてからの伸びもしっかり。4F55.1秒は少し遅い時計だが、ラスト1F12.2秒は評価すべきだろう。

 先週22日の馬場差は「+1.0秒」。今週は明らかに平均的な時計の出方をしている馬場。よって、28日、29日ともに『±0.0秒』で記録している。

【CW/5F66.5秒】
 28日、29日とも、朝一番の馬場開場直後よりも、1回目のハローが明けた時間帯が時計が出やすい印象。ただし、これも大差があるというわけではない。多少、テンから飛ばしていっても、終いまである程度伸びる馬場という印象。

 29日の追い切りで動きが目立ったのは、梅花賞の出走を予定しているレントラー(栗東・松永昌博厩舎)。27日の坂路で放馬してしまい、4F51.9秒という追い切り級の時計をマークしたが、幸い、体調に悪影響はなかったということで、この日に追い切られた。

 マルカファインとテンから併せていく形だったこともあり、かなり速いペースでラップを刻む。最後までしっかりと追われ、ゴール直前ではステッキ一発が入って、先着のフィニッシュ。時計は6F79.7~5F65.3~4F51.3~3F38.0~1F12.6秒と非常に速く、これだけ攻めた追い切りがどのような結果になるか注目したい。

 先週22日の馬場差は「-0.5秒」。今週は雨の影響を受けることなく、最近の走りやすい馬場状態と大差ない。よって、28日、29日ともに『-0.9秒』で記録している。

【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 芝馬場は29日の追い切りは確認できなかったものの、28日は宮徹厩舎を中心に数頭が追い切られている。水分を含んだ重馬場ということもあり、芝の塊が飛ぶシーンもあったが、そこまで走りにくいという印象はない。よって馬場差は28日、29日ともに『±0.0秒』で記録している。

 ポリトラック馬場は先週もご紹介したツルミプラチナム(栗東・田中章博厩舎)が29日に追い切り。今週がレースということで、かなり気持ちが乗っていて、5F62.0秒と非常に速い時計になったが、終いも止まることなく伸びている。なお馬場差は、今週も先週と同じ『-1.0秒』で、28日、29日とも記録している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。(取材・写真:井内利彰)

kouh2