クラシックロード(3歳)|JRAまとめ(2月1日)

クラシックロード(3歳)|JRAまとめ(2月1日)

セントポーリア賞

 「セントポーリア賞」(2月1日、東京)

 注目の良血馬ドゥラメンテ(牡3歳、美浦・堀)がオープン入りを目指し、態勢を整えてきた。母は03、04年エリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴで、祖母は97年年度代表馬エアグルーヴ。単勝1・2倍の未勝利戦を6馬身差で圧勝し、ムーア(今回は石橋脩)が能力を絶賛した逸材が確勝を期して自己条件に出走する。

 29日の追い切りは美浦Wでカフェブリリアント(5歳1600万下)と併せ馬。4F54秒1-39秒3-12秒8のタイムで1馬身先着を決めた。3カ月ぶりとなるが、入念に乗り込み仕上がりは良好。「前走後はゲート再審査となりましたが、無事に合格しました。けさの動きも良かったと思います。ええ、順調ですよ」と橋本助手は自信をちらつかせた。

 まだ気性的な若さを残しているが、素材は間違いなく一級品。前走のVタイム=1分47秒5は、同開催の東スポ杯2歳Sを0秒4上回る。「力的にはここでも足りますからね」。モノの違いを見せつけ、意気揚々とクラシック戦線へ殴り込みをかける。

 
 
 

 1日、東京競馬場でセントポーリア賞(3歳・500万・芝1800m)が行われ、中団でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の1番人気ドゥラメンテ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)が、直線で先行各馬を交わして先頭に立つと、あとは後続を突き放す一方で、最終的に2着の7番人気ウェルブレッド(牡3、美浦・加藤征弘厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分46秒9(良)。

 さらにアタマ差の3着に12番人気グラブザフラッグ(牡3、栗東・中竹和也厩舎)が入った。なお、2番人気ジェネラルゴジップ(牡3、栗東・平田修厩舎)は5着、3番人気ラブユアマン(牡3、美浦・尾関知人厩舎)は6着に終わった。

 勝ったドゥラメンテは、父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ、その父サンデーサイレンスという血統。新馬戦こそ2着に敗れたものの、続く未勝利戦、本レースと圧勝してオープン入りを果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆ドゥラメンテ(牡3)
騎手:石橋脩
厩舎:美浦・堀宣行
父:キングカメハメハ
母:アドマイヤグルーヴ
母父:サンデーサイレンス
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:3戦2勝

 

共同通信杯が次走予定ですので…大注目ですね。