目黒記念予想まとめ
目黒記念予想まとめ
 

 目黒記念(GII・芝2500m)に出走予定の美浦所属馬4頭をピックアップして、関係者に取材した。

■ダービーフィズ(牡5・美浦・小島太)について、小島太調教師。
「以前は輸送をしたら体が細くなっていましたし、全体的に弱かったのですが、ビシビシやってもへこたれなくなりました。馬がしっかりして、本物になってきました。東京は競馬がしやすいですし、今週の追い切りの動きも良かったですよ」

■ステラウインド(牡6・美浦・尾関知人)について、尾関知人調教師。
「前走の日経賞(6着)は、別定のGIIとメンバーが揃っていて時計も速かった中、外枠から終いもよく脚を使って頑張ったと思います。先週は気持ちが入る感じでしっかりとやりましたので、今週はいつも通りに単走で追い切りましたが、動きも良かったですし、力を出せる状態です。ハンデも特に気にしていませんし、条件戦でしたが東京では毎年勝っていますので、楽しみは持っています」

■ヴァーゲンザイル(セン7・美浦・田村康仁)について、田村康仁調教師。
「前走のメトロポリタンS(OP・3着)は良馬場でしたし、前が有利というのはわかっていたのですが、前半急かすとこの馬は嫌になってしまいますので、馬が自ら行く気になるまで待つ競馬をしてもらいました。その分位置取りが後ろになるのは仕方なかったですし、最後は良い脚を使ってくれました。負けましたけど、良いパフォーマンスを見せてくれたと思います。

レース後は山元トレセンに放牧に出し、こちらに戻ってからも背中に疲れもありませんし、順調にここまで来ています。今週は息を整える程度の追い切り内容でしたが、きっちりと仕上がりました。右回りでも左回りでも走れますし、良馬場なら良いパフォーマンスを見せてくれるでしょう。馬場状態と馬のヤル気がポイントになるでしょうが、重賞でも楽しみです」

■グランデスバル(牡7・美浦・星野忍)について、星野忍調教師。
「前走のモンゴル大統領賞(OP・15着)は2、3番手につけてそれなりの競馬をしましたが、長い休みがありましたから、最後は息が切れましたね。それでもバタバタにはならなかったですし、1回使って心臓の音が良くなっていると獣医も言っていました。やはりレースに使うと違いますね。連闘になりますが、普段追い切りができない馬なので、ちょうど良い追い切りになったと思いますよ。

今週も南Aコースを普通キャンターで乗って、プールで調整しています。元気一杯ですね。蹄を痛めて休養していましたが、今は蹄も大丈夫です。相手なりに走る馬ですし、自分の競馬をしてくれればと思っています」

(取材・文・写真:佐々木祥恵)

 

目黒記念ニュース

 

【目黒記念(日曜=31日、東京芝2500メートル)注目馬28日朝の表情:栗東】長距離重賞で2着3回の実績を誇るファタモルガーナは厩舎周りの運動で体調を整えた。陣営は初重賞制覇を狙っている。

 佐藤助手「すごくデキの良かった前走(ダイヤモンドS=2着)には及ばないまでも、もともと好不調の変動が小さな馬。放牧から帰厩して日は浅いけど、仕上がりとしては悪くないよ。鞍上(戸崎圭)もこの馬の切れないがバテない特徴はつかんでくれているようなので、しぶとさを生かせる形になれば」

【目黒記念(日曜=31日、東京芝2500メートル)注目馬28日朝の表情:美浦】ステラウインドは厩舎周りの運動でじっくりと調整された。

 尾関調教師「当初は春の天皇賞も視野に入れていたが、こうして見ると使わなくて正解だったね。放牧を挟んだ今回はフレッシュさを取り戻し、雰囲気が明らかに違うから。今回はバリバリのオープン馬も見当たらないし、今の気配でもうひと押しが利けば楽しみ」