【2016年クラシック】シュウジが圧勝!!|中京2歳S
【2016年クラシック】シュウジが圧勝!!
 
1番人気シュウジが逃げ切る 

<中京2歳S>25日=中京◇オープン◇芝1600メートル◇2歳◇出走11頭

 1番人気のシュウジ(牡、橋口弘)が逃げ切って単勝1・8倍の圧倒的支持に応えた。難なくハナを切ると、直線ではノーステッキで突き放して後続に3馬身差をつけた。

【写真】1番人気ゴールドペガサスが逃げ切る/白河特別

 小牧騎手は「いいスピードがあるし、マイルにも対応してくれた。初戦から完成度が高かったので、それを生かせた」と満面の笑み。橋口弘師は「暮れの朝日杯FSを最大目標にしたい」と見通しを示した。夏場は休養にあてる予定だ。

 

 1番人気シュウジ無傷V2 

 25日の中京9R中京2歳ステークス(2歳オープン、芝1600メートル)は、小牧太騎手騎乗の1番人気シュウジ(牡、栗東・橋口弘次郎厩舎)が先手を取って楽々と押し切り、無傷のV2を飾った。タイムは1分36秒0(良)。

 断然人気に推されたシュウジがダッシュ良く先手を取り、マイペースに持ち込む。淡々とした流れで、2番手にはクリノシャンボールがつけ、マテラアリオンが3番手に続いた。直線に向くとシュウジは馬場の真ん中に持ち出し、後続を突き放す。2番手以下も目立った脚いろの馬はおらず、シュウジが最後は流すほどの余裕であっさりと押し切り、デビュー2連勝を決めた。未勝利の身で果敢に格上挑戦した7番人気マテラアリオンが3馬身差の2着に健闘。さらにクビ差の3着が2番人気ウインクルサルーテだった。

 シュウジは、父キンシャサノキセキ、母カストリア、母の父Kingmamboという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 小牧騎手は「いいスピードがあって、マイルにもうまく対応してくれました。初戦から完成度が高かったが、それを生かせたね。ただ、後ろから来られるとグッとハミをかむところがあるから、いかに力を抜いて走れるかがこれからの課題になる」と3馬身差の完勝にも気を引き締めていた。

 
中京2歳S動画