【海外競馬】クリソライト韓国競馬1・2
【海外競馬】クリソライト韓国競馬1・2

 【ソウル11日=藤沢三毅】韓国で初めての本格的な国際競走が11日、ソウル競馬場で行われた。メインのコリアカップは日本馬2頭が圧巻の強さでワンツー。藤井勘一郎騎手(32)とコンビを組んだクリソライト(栗・音無、牡6)が1番人気に応えて優勝し、6馬身差の2着にクリノスターオー(栗・高橋忠、牡6)が入った。

 韓国競馬の歴史に日本馬の偉業が刻まれた。今年、創設された韓国国際競走のメイン、コリアカップを制したのは日本のクリソライト。6馬身差の圧勝劇で韓国ファンの度肝を抜いた。

 韓国での経験も豊富な藤井騎手の騎乗で3番手を進むと、3コーナー過ぎからは先に抜け出したクリノスターオーとの完全なマッチレース。そこから直線で突き放して初代王者に輝いた。3着はさらに10馬身差。日本勢の強さだけが際立った。

 藤井騎手は「第1回なので、騎乗できたことがうれしかったし、勝ててもっとうれしかったです。“チーム・ジャパン”として勝てたことに思いは強いです」とガッツポーズで喜びを体現。ファンの大歓声に「カムサハムニダ(ありがとう)!!」と笑顔で応えた。

 JRAの馬が韓国の重賞を勝ったのは、昨年6月に藤井騎手騎乗のエスメラルディーナがトゥクソム杯(ソウル、ダ1400メートル、韓国GIII)を制して以来。この日も音無調教師が「理想通り、最高の乗り方をしてくれました」と絶賛した満点の騎乗を見せた。豪州、シンガポール、韓国とムチ一本で各国を渡り歩いてきた男が、大きな仕事をやってのけた。

★【コリアスプリント】グレープ3着、ミリオン5着

 コリアカップの2レース前に行われたコリアスプリントにも日本馬が2頭出走。グレープブランデー(栗・安田、牡8)は3着、ミリオンヴォルツ(栗・高野、セン7)は5着に敗れた。優勝したのは香港のスーパージョッキー(A・ミラード、セン8)。GIドバイゴールデンシャヒーンでは昨年2着、今年5着という実力馬で、騎乗していたのは今夏に短期免許で来日したK・ティータン騎手だった。

 
 

 「コリアC・韓国G1」(11日、ソウル)

 レベルの違いをまざまざと見せつけた。22年のパート1国昇格を目指す韓国が、今年新設した国内賞金最高金額レース(ダート1800メートル、16頭立て、総額10億ウォン=約9000万円)は、日本馬2頭のワンツー決着となった。

 後続の馬がついていけず、先行集団で運んだ日本馬2頭が4角で早くも大きく引き離すマッチレースの展開に。韓国で活躍する日本人ジョッキー・藤井勘一郎騎乗のクリソライト(牡6歳、栗東・音無)が最後は突き放し、1着賞金約5000万円を手にした。

 藤井は「きょうの勝利はチーム一丸で勝ち取ったものです。栄えある第1回のレースに騎乗できて光栄です」と感激の様子。音無師は「ジョッキーに指示していたのは前につけてほしいということと、1コーナーで外に出してほしいという2点だけ」と明かし、「理想通り、最高の乗り方をしてくれました」と鞍上の手腕を褒めた。

 2着は幸騎乗のクリノスターオー(牡6歳、栗東・高橋忠)が入り、3着以下に大差をつけて圧倒。韓国最強馬と言われる今年の三冠馬パワーブレイドは4着に敗れた。

この記事の続きを読む