プレイアンドリアルの引退騒動の件

プレイアンドリアルの引退騒動の件

 京成杯制覇後に右前繋靱帯炎を発症して休養しているプレイアンドリアル(牡3歳、川崎・河津)は、秋の復帰が絶望的な状況であることが14日、分かった。

 岡田繁幸オーナーは「患部をかばっているのか、つなぎの部分がボコッと膨らんだ感じ。放牧で休ませているが、どんどん症状が悪化している」と現状について説明。「まだ時間はあるし、決断を急ぐ必要はないが、現役復帰は難しいかも」と話しており、このまま引退に追い込まれる可能性もありそうだ。

圧勝した京成杯

岡田氏が語るプレイアンドリアル

 

この記事の続きを読む