マズルブラスト|引退レースに除外|戸崎と内田来場

マズルブラスト|引退レースに除外|戸崎と内田来場

 船橋競馬場で15日、13歳馬マズルブラスト(牡、船橋・川島正一厩舎)が、現役最後の勇姿を見せた。出走予定だった10Rの「船橋ナイターカウントダウン!特別」は馬場入場後に右前ハ行を発症して競走除外となってしまったが、最終の11レース終了後、パドックに姿を見せ、記念撮影を実施。多くのファンらが集まった。

手作りの引退式には、過去に手綱を執った元南関東所属の現JRA騎手、内田博幸、戸崎圭太両ジョッキーの姿も。この日、船橋競馬での騎乗はなかったものの、同馬の引退に際して“古巣”に駆けつけ、別れを惜しんだ。今後は北海道のノーザンホースパークで乗馬になる予定。

◆マズルブラスト 牡13歳の黒鹿毛。父ホワイトマズル、母セーヌリバー(父ノーリュート)。戦績75戦17勝。総収得賞金2億6833万2000円。主な勝ち鞍・06年東京記念、07、11年大井記念、10年金盃、報知オールスターC。生産者・北海道千歳市の社台ファーム。馬主・吉田照哉氏。

 

大師OP…お見事だった、

この記事の続きを読む