ゴールドシップ|天皇賞(春)制覇|まさかの再試験
ゴールドシップ|天皇賞(春)制覇|まさかの再試験まとめ

 3日、京都競馬場で行われた天皇賞・春(4歳上オープン、芝外3200メートル)を制したのはゴールドシップ(牡6・須貝)。後方待機から2周目の向正面で早めにスパート。4角手前で先に抜け出したカレンミロティックをゴール前で差し切った。“鬼門”とされた京都を攻略し、これでGIは6勝目。3連覇を狙う宝塚記念では不動の主役を務めることになる。

 47歳のベテラン・横山典。勝利数はさすがに減ってはいるが、名手の嗅覚はまだまだ健在だ。今回ほど気分屋ゴールドシップのパートナーにふさわしいのは誰かを痛感したレースはないだろう。

「(スタートしてから)1回も手応えを感じる走りではなかった。馬と人の我慢比べ。馬もそうだけど、人も最後までよくあきらめずによく走らせたと思う」(横山典)

 何度も尻っ跳ねをし、ゲート入りをごねたゴールドシップ。いつも以上にエキサイトした同馬の姿に不安を感じたファンも少なくないはずだ。スタート直後はキズナよりも後ろの最後方。この時点ではとても勝つイメージを持てなかった。

「行く形の競馬も考えていたけど、この馬ではやっぱり行けないね」

 過去2回の敗戦と最内枠を考慮し、先行策も考えていたという横山典。動いたのは2周目の向正面からだ。

 なかなかエンジンがかからないゴールドシップだが、鞍上は気持ちが切れないような絶妙のエスコート。道中のラップに緩みをつくらず、切れないがバテない特徴を存分に生かしきった。2着フェイムゲーム、3着カレンミロティックはともにスタミナ型のハーツクライ産駒。タフさを要求される1戦に持ち込んだ時のゴールドシップはやはり強い。

 今後は春の最大目標と位置付けるGI宝塚記念(6月28日=阪神芝内2200メートル)が待っている。勢いに乗って史上初の3連覇を狙うことになるが、誤算だったのは発走再審査が課されたこと。

「過去の2年が力を出し切っていなかったので、今回は後悔しないような競馬をしてもらいたかった。鞍上もコースを考えての騎乗だったと思う」とレース内容に満足している須貝調教師も「今回の件で再審査を受けることになった。宝塚記念へ向けて一筋縄ではいかないね」と調整のズレを心配している様子だった。だが、これも“鬼門”の京都をクリアしたことに比べれば、大きな問題ではない? ベストパートナーを得た現役最強馬がどこまで進化していくのか。宝塚記念3連覇へ視界良好といっていいだろう。

 
 
枠入りの時間がかかりすぎた…ゴールドシップ

この記事の続きを読む