タグ:3歳クラシックの記事一覧

競馬予想M

競馬予想に関するもののまとめです。競馬予想に関するいろいろなものを集めました。

タグ:3歳クラシック

【2016年クラシック】マカヒキは誰が乗る|2016年皐月賞

【2016年クラシック】マカヒキは誰が乗る|2016年皐月賞

【2016年クラシック】マカヒキは誰が乗る|2016年皐月賞

6日、中山競馬場で行われた皐月賞トライアルのGII弥生賞(芝内2000メートル=3着まで優先出走権)は、2番人気のマカヒキ(牡・友道)がゴール前で2歳王者リオンディーズをクビ差かわして優勝。父ディープインパクトと同じ2歳新馬→若駒S→弥生賞と無傷の3連勝で、牡馬クラシック戦線の主役候補に躍り出た。このまま世代トップとして君臨し、父同様のスターダムを歩むのか、その力量を検証する。

マカヒキのスタート1完歩目がひと息だったこともあり、“3強”の位置取りはリオンディーズ、エアスピネル、マカヒキの順。直線は後続とは次元の違った追い比べとなり、最後は勝ち馬の決め手が2頭を上回った。勝ち時計1分59秒9は弥生賞レコード。マカヒキが駆使した上がり3ハロンはメンバー最速の33秒6。ディープインパクトの当レース(勝ち時計2分02秒2、上がり34秒1)と比較しても、数字上は楽に父超えを果たしたことになる。

「リオンディーズやエアスピネルは強い馬。でもマカヒキはすごい走る。スタートが速くなくてびっくりしたし、中山はいいポジションのほうが有利なコースだから1コーナーで上げていったが、その後はリラックスしてとても乗りやすかった。ラスト300メートルの反応がすごかった」

5、6日だけで9勝と先週の中山を制圧したルメールも驚く強さだ。見守った友道調教師は「3頭では一番前に行くと思っていたから、最初は“えっ?”て思ったけどね。最後は測ったように差し切り。本当にうまく乗ってくれた。輸送も全く問題なく、装鞍前の昼くらいまで寝てたみたい。前回(若駒S)よりも今回のほうが落ち着いていたほどで本番が楽しみになりました」。

気になる次走以降の鞍上(戦前までは3歳世代で頭ひとつ抜けた感もあったサトノダイヤモンドの主戦もルメール)については明言を避けたが、本番と同舞台での文句なしの結果。不安な言葉が出ることはなかった。

レースレベルの高さ、数字の裏付けも十分とはいえ、この結果だけで勝負付けが済んだとは限らない。ルメールが「リオンディーズは休み明け。それにペースが速くて最後は疲れていた」と振り返れば、3着から5馬身差とはいえ、4着でゴールしたタイセイサミットの内田博は「3頭は強いけど、その時の馬の精神状態や展開で順番は入れ替わる」と分析する。

残り2つの皐月賞TR(若葉S、GIIスプリングS)を待たず“最強の前哨戦”となった感は強いが、鞍上の動向を含めてGI皐月賞(4月17日=中山芝内2000メートル)がやはり本当の意味での頂上決戦になる。

マカヒキは強かったですねw

 

 

 

この記事の続きを読む

桜花賞1週前登録馬|3歳クラシックロード

桜花賞1週前登録馬|3歳クラシックロード
桜花賞1週前登録馬|3歳クラシックロード
 

 第75回桜花賞の登録馬(4月12日=日曜、阪神芝外1600メートル)が29日、JRAから別表の通り発表された。現時点では賞金1100万円の3頭のうち、2頭が抽選で出走可能となっている。

 2歳女王ショウナンアデラは骨折で戦線を離脱したものの、3頭の無敗の3勝馬を中心とした多士済々なメンバーによるハイレベルなレースが期待される。

 主役候補はルージュバック。抜群の競馬センスに加えて強烈な末脚を兼ね備える。昨年リーディングの鞍上の戸崎圭にとってもクラシック初制覇がかかる。

 キャットコインは長くいい脚を使えるのが持ち味。ベスト舞台は東京だろうが、桜の舞台の直線は476メートル。決め手を存分に発揮できるはずだ。

 フィリーズレビューを大外一気の競馬で制したのはクイーンズリング。急坂を駆け上がってもなお、脚色が鈍らずに追い込む豪脚は脅威的。

 精神面の成長が著しいチューリップ賞優勝馬ココロノアイ、阪神JF2着レッツゴードンキなど伏兵陣も実力差はほぼなし。注目の牝馬クラシック第1弾となりそうだ。

 

やっぱりここでは文句ない

ルージュバックなんでしょ!!

 

前走、きさらぎ賞-動画

 
まあ文句なしでしょ…
 
桜花賞(4月12日、阪神)の登録馬が29日、JRAから発表された。フルゲート18頭に24頭が登録。

 きさらぎ賞制覇のルージュバック、フィリーズレビュー勝ちのクイーンズリング、クイーンC優勝キャットコインの3戦無敗重賞ウイナー3頭が激突。現時点では優先出走権を獲得した8頭、収得賞金順で1200万円のトーセンラークまでの8頭が出走可能。

この記事の続きを読む

3歳クラシックロード|アネモネSは誰が勝つのだろうか?

3歳クラシックロード|アネモネSは誰が勝つのだろうか?

3歳クラシックロード|アネモネSは誰が勝つのだろうか?

 いよいよ・・・クラシックへ向けていろいろなTRがって感じですね。

桜花賞のTR(2着)まで桜花賞ー優先出走権

 

実績上位テンダリー権利取りへ

<アネモネS:追い切り>

 2着までに桜花賞の優先出走権が与えられるアネモネS(オープン、芝1600メートル、14日=中山)は、今年はすべて1勝馬同士の争いとなった。

 前走フェアリーS(3着)で最速上がりをマークしたテンダリーヴォイス(萩原)が実績面で1歩リードの存在だ。11日は美浦ウッドで6ハロン87秒6-13秒0。ゆったりしたラップから直線で瞬時にギアチェンジし、切れのある動きを見せた。萩原師は「2歳時のひ弱さが抜けて状態面は良化。ここで権利を取ってG1に向かいたい」と期待を寄せていた。

 

アネモネS-ツイッターの声

 

 

この記事の続きを読む